良い物を紹介したい!おすすめブログ


by 2tak1234

バブアーは懐古主義なのか

さぁ最近の傾向からは珍しく、のっけから本題ですが、バブアーのジャケットを買いました。

まぁ数年前からバブアー自体が流行してて、あの独特のカタチと、オイルが染み込んだ感じの色合いがとてもカッコいい!という事で数年前から狙っていたアイテムであります。

ただ、じゃぁなんで数年前に買わなかったのか、、、というと長らく私の食指の動きを抑制していた要因がありまして、それが何を隠そうオイルドクロスでした。

というのも遡ること8年くらい前でしょうか。
私の中で第一次バブアーブームがやってきたんですね。

当時から洋服は好きで、雑誌を読み漁り、世の定番アイテムだ何だという事をチェックしては、試してみたくなった時期でした。
もっというと、ある程度お金も自由に使えるようになってきて、多少値段の張るアイテムも手が届くかも、、、ってな具合の時ですね。

その当時も、近所のショップにバブアーの取り扱いがあったのかは記憶にありませんが、私がバブアーの購入を決意し、いざ現物を見たのは県外の古着屋さんだった事は覚えています。

思っていたよりも作業着ライクな風貌 且つ、また初めてオイルドクロスのベタツキ具合に衝撃を受け、あまつさえ独特の匂いにT.K.O.されるという、強烈な洗礼を受け不甲斐ない結果で終わった第一波でした。

ただ、時は立ちSLモデルというシュッとしたシルエットのバブアーがリリースされ、またオイルの改良により独特の匂いも随分マシになった、、、とまたバブアーの波(第2波)が襲ってきたのか3年位前の話です。

とはいえ、第1波の際に受けたトラウマ(笑)の影響もあり、物欲カーストの上位にはランクインされぬまま向こう3年を過ごす不遇っぷりでしたが、今年、ふらりと立ち寄ったセレクトショップに並ぶバブアーの匂いとシルエットの改善っぷりに逆の意味でT.K.O.。

マイサイズの確認の後、希望のセージグリーンもあったので、即日お持ち帰りと相なりました。
バブアーのビデイルSLモデルの詳細について。

バブアー自体、クラシックなアイテムとはいえ、やはりシルエットは現代風にアレンジされており、とても洗練された印象すらあります。

いやはや、最近のバブアー。当時の油臭い生地や、少々野暮ったいシルエットを知る方にもおススメできる出来栄えとなっておりました。おススメです。

バブアー(BARBOUR)を入手して感じたデメリット。
バブアー(BARBOUR)が今なお愛されている魅力について
[PR]
by 2tak1234 | 2016-10-16 13:21